四国遍路の魅力はコース内容!気になる人が魅力を知ろう

四国遍路ってどんなの?違いや魅力に迫る!

どの年代にお遍路が人気?

お遍路といえば年配の方が利用するイメージです。しかし、最近は現代女子も四国遍路に参加することが多くなっています。

お遍路と巡礼の違いとは?

巡礼

巡礼は、礼所や霊場を参拝しながら旅することを指します。ここまでお遍路と同じですが、参拝の仕方が少しだけ異なります。ちなみに、お遍路の場合杖をもって参加する方を多く見かけますが、巡礼は杖が必要ありません。また巡礼は、宗教が様々なので、唱えるお経に決まりもないでしょう。

お遍路

弘法大師の足跡を辿って行なうのがお遍路で、杖は弘法大師の分身と考えられています。そのため、杖は持つのが基本です。唱えるお経も開経偈、般若心経、御本尊の真言、弘法大師様の真言というように、順番が決められています。

四国遍路の魅力はコース内容!気になる人が魅力を知ろう

お遍路の魅力について

お遍路の魅力は、楽しい、気持ちいい、美味しいの3つで構成されています。1日におよそ20キロから40キロ歩きますが、その後に食べる食事の味は別格です。目的地を目指してひたすら歩きますが、様々な景色が目に飛び込んできて全く飽きません。また、お遍路さんになるための条件もなく誰でも参加できる点も大きな魅力です。

コース内容をチェックしよう

歩いてお遍路に行きたい方も少くないですが、ペースを維持しながら参加したい方も多いはずです。おすすめコースは、友達やご夫婦で気軽に参加ができる貸切タクシーのコースです。お遍路以外に、温泉、観光、グルメを楽しみたい方向けです。四国遍路の場合は、四国八十八ヶ所霊場を2回に分けて巡るコースも人気です。確実に巡りたい人に喜ばれるでしょう。

遍路用語を覚えよう

四国遍路に参加をする場合は、遍路用語を覚えておくとさらに楽しめます。また、遍路用語を全て覚えることで、誰がなにをしているのかを理解できます。

広告募集中